中学生でも脱毛に通える脱毛サロンと必要事項注意点

ワキなどの脱毛が必要になるのは、中学生あたりからです。

半袖の洋服や中学生でもノースリーブを着て出かけるので、恥ずかしい思いをしないようにカミソリで剃って自己処理をしたりしています。でもカミソリ脱毛は、肌荒れの心配があって困っている中学生も多くて、悩みを友達に相談したりしているのです。

でも今はそういう中学生の悩みを解決してくれるものに脱毛サロンがありますが、いきなり脱毛サロンへ出かけるには無理がありますよね。そういう要望を受けて、脱毛サロン側でも受け入れ体制ができていて、中学生でも脱毛して貰うことができるようになったのです。

ご紹介したいのが、脱毛サロンのエピレですが、予約申し込みを親権者が行って、施術をして貰うときに同席すると中学生でも脱毛をしてくれます。その他にはミュゼでも中学生の脱毛が可能で、こちらは親権者が同伴すれば脱毛して貰えますが、同席できない場合のことを考えていて、サロンで用意している親権者同意書を持っていくと脱毛を受けられます。

脱毛学割はこちら

中学生が脱毛サロンへいくのに何故同意書を求めるかとなってきますが、まだ成長段階の年齢でもあることや中学生ではエステの脱毛をすることへの判断ができない部分があるので、エステとしても親の承諾を求めているからです。

Posted in 脱毛 | Tagged , | Comments Off

学割が設定されているひざ下脱毛

ひと昔前では脱毛をエステで通おうとすると何十万円もかかりましたが、最近では学割が設定されるほど低金額で施術をうけることができるようになりました。もちろん、医療機関などでうけることができるレーザー治療による永久脱毛ではありませんが、フラッシュという痛みも少なく金額の安い施術方法で脱毛をすることができるのです。

特に学生向けに学割が設定されている部位はひざ下です。スカートからでる生足の毛の処理は一年中やらなければならず大変です。それを毛周期に合わせて3ヶ月に一回施術を受けるだけでひざ下の毛が薄くなり、目立たなくなっていくとしたら学生のうちに脱毛を受けるべきといえます。なぜなら、学割は学生時代しか使えませんが、その期間に受けた脱毛の効果は一生続くからです。大人になって社会に出て、会社に通いながら施術を受けるとすると時間も限られますし、仕事が優先になるので通いたいタイミングである毛周期に合わせて必ず施術を受けることができるとは言えないからです。

よって時間がある学生のうちにある程度ひざ下だけでもきれいにしておけば、毛の処理にかかる時間は社会人になってから大幅に減らすことができ、朝の忙しい時間にあわてることもありませんし、夜の睡眠もきちんと確保できるからです。また、お金に余裕ができるようになってから気になる他の部位の施術を受けてもいいので、学割があるうちにできる部位をきちんと受けておく人が賢いといえます。

Posted in 未分類 | Comments Off